長く働くことができる介護の仕事を選ぶポイント

人気の介護の求人の探し方

数ある介護の求人の中でも、社会保険法人や大手の民間企業などが運営する福祉施設に関しては、勤務条件が良く、長く働くスタッフが多い傾向があります。最近では、離職率の低下を防ぐために、新人スタッフへの研修を強化している福祉施設も増えており、求人選びを始めるうえで、近隣の施設の研修制度の状況をチェックしておくと良いでしょう。また、夜勤がなく昼間の勤務が中心の介護の求人は、年齢や実務経験などにかかわらず働きやすいことから、施設によっては応募者が殺到することがあります。そこで、各自の経験やライフスタイルに合った介護の求人を探したい時には、予め希望の条件をしっかりと決めておくことがポイントです。

介護の資格を取得するコツ

介護の資格の取得を目指すにあたり、働きながら食事や入浴、排せつなどの専門技術を学ぶことのできる施設を見つけることが肝心です。特に、介護スタッフの業務マニュアルが用意されている老人ホームやデイサービス事業所においては、スタッフの資格取得を支援するための制度が設けられているところもあり、スキルアップを望む求職者からも注目が集まっています。介護の資格によっては、3年から5年程度の実務経験が必要となるものもあり、スタッフの定着率の良い職場を選ぶことで、無理なく働き続けることが可能です。その他、介護の有資格者の待遇の良い施設の数は年々増加しており、将来的にリーダーシップを取ることのできる人材に期待が寄せられています。

介護の求人は増えています。人手不足の業界ですが、最近では待遇改善がはかられており、年収は増加傾向にあります。