住みこみの仕事の魅力や面倒だと思う点について

職場によって違う保証内容

職場によってはそれぞれ保証してくれる点は違いますが、その中でも住宅手当と同じ位手厚い保証の中に寮付きの職場があります。このような体制をとっている職場は、工場などに多く24時間稼動しているような所です。もし何かあってもすぐに対応できるようにという理由の他にも、出勤時間を短縮する事で体を使った仕事な分、疲れをしっかりと取れるような環境作りを心がけているのです。職場で住む場所を用意してくれているからこそ、他の事にお給料が使えるのです。しかし、この寮は基本的には独身の人向きのものですので家族がいる人はそこにはすまないで自分達で生活している人ばかりになります。その部分も、職場によっては独身向けの部屋と家族ができた後の部屋がそれぞれあるので、家族ができたら家族用の部屋に引っ越しをすれば引き続きそこに住む事も可能になります。社宅というものになります。

メリットとデメリットについて

住みこみの仕事をするメリットは、基本的に職場からすぐの所にあるので仕事に遅れるような事がない部分です。しかしデメリットと言えば、同じ職場の人と働く場所も住む場所も同じなのでプライベートがないという部分でしょう。一人の時間はもちろん部屋が分かれているので確保はできますが、同じ敷地内に職場の人が住んでいるとなるとなかなか本当の意味でのプライベートな時間を過ごす事は難しい事にもなります。そこにすまないという選択肢もありますが、住むとすれば職場からの手厚い保証があるのでお得感はあります。自分で生活するとなると、家賃を全額自分で支払わないといけなくなるので負担は大きくなります。

寮の求人には寮管理の求人もあります。寮管理の求人では通いと住込みがあり、食事や清掃を含め管理全般の仕事を行います。業務委託で学生寮などに派遣されることもあり、学生への気配りが求められます。