仕事でのキャリアアップをするために、英語のスキルを身につけよう!

そもそもビジネスで英語の需要は本当にあるの?

英語は外資系の企業や、ツアーコンダクターなど英語を必要とする職業でなければ特に必要とされないと思われている方もいらっしゃいますよね。ところが現代グローバル化が進み、海外に進出する企業がますます増えております。それにより、IT企業に従事するSEや、総務、人事の企画系職等他の企業でも英語の文章を読む機会や、外国人とのやり取りをすることがこれからも多くなっていくでしょう。

英語のスキルを身につけるにはどうすればいいの?

英語には大きく分けてリスニング、ライティング、リーディング、スピーキングの4つの分野に分けられます。それぞれ分野にあった勉強法がありますので、自分が習得したいスキルにあった勉強法で勉強するとよいでしょう。例えば、スピーキングを上達させたい場合、海外留学出来たら英語の環境に身を置き習得できますが、他にもオンライン英会話で英語を話す機会を増やすという方法もあります。ライティングで言えば、英語の仕組みを一から勉強するのでもいいですが、毎日英語の日記を書く習慣を身につけ、その中でも新しい単語や言い回しを使うように意識するなどの方法もあります。

リスニングは1番身につけやすいスキル?

個人的にお勧めしたいのはリスニング能力を上げることです。といいますのも、自分の興味がある内容から英語に関連づけることが出来るからです。例えば自分の興味ある映画やアニメを英語版で見てみることや、その中でも気になる部分をシャドーイングすること。又、映画などは長いから嫌だなという方は洋楽を聞いて暗記するまで覚えるという方法もあります。まず自分の英語のスキルが知りたい方は、TOEIC等の試験を受けて、自分の今の実力を知り、そこから身につけたい分野をはっきりさせてみてはいかがでしょうか。

英語が堪能な人は、世界を舞台とする仕事が可能です。英語の転職には、実用レベルの英語力が欠かせません。