作業場所は暑い?涼しい?通勤はどうやってするの?

作業によって環境が異なる

夏は暑いのでクーラーのないところにいると大変です。冬は寒いですから暖房のないところだとつらいです。学校やオフィスなどであれば空調が効いているので過ごしやすいですが、それ以外の場所はどうなっているかわかりません。工場バイトをするとき、その作業場の空調などの環境がどうなっているかを調べるようにしましょう。食品関係の工場だと空調管理が調っているところが多いです。夏場は涼しいですが、冬場は少し寒く感じるかもしれません。水を使う仕事もあり、冬に行うなら考えないといけないでしょう。パン工場となると1年を通じて少し暑く感じるかもしれません。パンを焼くので、エアコンが入っていてもそれなりに暑いです。ただ冬は暖かい中で作業ができます。

工場までに行く手段がどうなっているか

工場はそれなりに敷地が必要です。昔からあるような工場だと駅の近くに設置して鉄道での輸送がしやすくしていたところもありました。今は鉄道輸送よりもトラック輸送が一般的なので、より敷地の安い郊外の道路沿いなどが多くなります。工場バイトをするときには、当然ながら仕事場の工場まで通勤をしなくてはいけません。どんな手段で通勤をするのか確認をした方がいいでしょう。多くの工場では、最寄り駅まで送迎バスを運行しています。従業員であれば無料で利用できるので、そちらを使うと良いでしょう。ただ、中小の工場ではそれぞれで出勤をしなくてはいけません。バスなどを利用するときに交通費を出してもらえるのかなどを確認しておいた方がいいでしょう。

愛知の工場の求人は、自動車関連をはじめ、鉄工や航空宇宙産業など重工業の工場が多い点が特徴です。また、セラミックなど窯業も盛んで、求人はバラエティーに富んでいます。